人間ドックとはどんな検査?

普段、会社などに勤務されている方は、毎年、健康診断を義務づけられていることが多いと思います。
しかし、毎年健康診断を受けて、特に問題が出ていないから、体に問題がない、とは限りません。

健康診断の検査項目は一部に限られているため、その項目では検査されない体の部位については、異常が見落とされがちとなります。



人間ドックは、様々な検査を行って、体全体についての問題点を洗い出すことができるものです。
人間ドックには、健康診断でも行われている検査に加えて、胃レントゲン、あるいは、胃カメラなどの胃の検査、検便、大腸カメラなどの大腸の検査、肝臓、胆のうなどの異常を検査する腹部超音波エコーなどの検査が含まれていることが多いです。
胃の検査、あるいは、大腸の検査では、胃ガンや大腸ガンを発見することができます。
胃ガンや大腸ガンの治療には早期発見が有効であり、定期的に人間ドックを受診することによってこれらの検査を受けることが望まれます。また、胃潰瘍や十二指腸潰瘍など、ガン以外の病気も発見することができます。

腹部超音波エコーでは、肝臓や胆のうなどの異常を検査できます。

人間ドッグについて知らないと損します。

肝臓や胆のうは、体の奥にあり、また、肝臓ガンや胆のうガンなどの異常があってもかなり進行しないと症状が表に出ないため、これも定期的に行って、異常を早期発見することが好ましいです。



また、オプションで脳ドックという検査も行うことも可能です。


これは、文字通り、脳を検査するもので、MRI等を用いて、動脈瘤や脳梗塞、脳腫瘍などの脳の病気の発見が可能です。